スポンサーリンク
スナックをとりあえず3人(もちろん2人でもいいよ)で3ヶ月やってみて、うまくいくかどうか試してみるという方法もある。
その場合、ママが三人ということになる。
佳子ママ、竹子ママ、幸子ママっていう風に。
それでうまく行けば続ければいいし、みんながうまくいかなければ、うまくいった方だけ正式に契約すれば良い。
売り上げも3等分、とりあえず3ヶ月やってみて自信をつけてから正式に始める。
ホステスさんを雇わなくていいし、早番、遅番してもいいし、ちょっと外へ行こうと思っても行ける。
それはママさん同士の話し合いで決めたらいいのです。
言ってみれば、一つのスナックを2人とか3人でシェアリングするというやり方です。
これなら一人の負担も少ないし、ますます手っとり早く開業が出来る。

いづみ
ママがだんだん年を取ってくると、ママについていたお客さんも年取ってきますね。
前は一軒のお店を維持出来るだけのお客さんを持ってたけど、今は1ヵ月分の経費を払うのがしんどいという人がいます。
やめるにやめられへん。
自分の実入りはないけど、わずかなお客さんのためにだけ開けているというお店。
そういう人が2人寄れば、いまさらよそのの店で働けないけど、共同で新しいお店を始められるわけです。
昔ママやってた人は、プライドがあるからやめてどこかのお店で仕事しようかと思っても雇うほうも雇いにくいし、雇われるのも、雇われづらいですね。
2人、3人がみんなママだったら話し合いで新しいシステムを作ったらいいわけですから。

 

スポンサーリンク

スナック最良のお客さんは女性

スナック最良のお客さんは女性

女性って?

女性は想像力に富んでいる

女性は鑑識眼が鋭い

女性は利益を考える

女性は主観的

女性はおしゃべり

女性は自分が目立つことを好む

女性は常に愛情を表現してもらいたい

女性は仲間はずれがきらい

女性は占いが大好き

女性はカキクケコが大好き

カ…買い物 キ…きれいになる、着物のこと ク…クッキング ケ…結婚 コ…子供

女性はおまけが大好き

女性は横文字に弱い

女性は知性をほめられると弱い

女性は感情で動く、女性に講義はするな

女性は誠実な男に弱い

女性は花が大好きー女性の花の好みは年齢層が低い程、小さな花がよい。

女性は食べることが大好き、食べることが生き甲斐である

女性はお世辞に飢えている

女性はしつこいのが嫌い

女性は自信家である

女性は警戒心が強い

女性は雰囲気に弱い

女性の絶対は絶対ではない

 

今日はこのへんで!

今日も読んでくれて、おおきに!

ありがとう!

↓ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 関西ナイトライフ情報へ
にほんブログ村


その他サービス業ランキング

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事