スポンサーリンク
笑う門には福来たる、と昔の人は言ったけど、本当にそうです。

商売は”笑売”です。笑う門には福来たるというのは、笑う門には金来るや。

むつっとしたママの店にわざわざ金払って飲みに行く人は居てない。
笑顔で迎えてくれるからこそ金払っても損したとは思わないのですね。
ニコニコして愛想の良い人の周りには、人が集まってくる。
ニコニコしていると他にも良いことがある。
例えば失敗した時、愛想が悪いと、この時とばかりに文句を言われる。
だけど、いつも上手にお客さんの相手をしていたら、堪忍してくれますね。
「誰かて失敗するからな」と言って。
失敗はチャンスや!それをどうカバーするかで、それからの相手の態度が変わる。
グラスのお酒をお客さんの背広にこぼしてしもた時、誰かてそういうことはあるけど、一生懸命誠意を見せれば相手は分かってくれるものです。
その一生懸命さに相手は感動する。
大事にされてるというのが伝わるから、こんな店やったらまた来ようかとなるね。
だから、笑いや愛想が良いのも心がこもってなダメですね。
笑わしてなんぼ、元気にさせてなんぼなのです。
スポンサーリンク

よそのお店と貸し借りしない

いろんな事件をおこしてやめる子がいるけど、そういう子の店は不思議なことにたいてい流行っています。店が流行ってるから、かまえて保証したり、よその店にお金を貸してあげたりするわけです。
ドンペリ5本貸してと言われたらすぐにホイホイと貸す。
この貸し借りを絶対にやめるべきですね。
「もう今日いれたやつ売り切れてん、貸してー」と言って借りに来たりするわね。
こういう時の断りかたをうまく考えないとダメですね。
おたがいに助け合って仲良くするのは良いことやけど、お金の貸し借り、保証は絶対にやめたほうが良い。
投資も絶対に安全とわかっているもの以外はやめるべきやね。
ソロバン主義に徹することや。

いづみ
ママさん連中は同業者には弱いとこは見せられないんです。
「今日どうしたん?早くしもて、暇やったん?」って聞かれたら「ううん、もうノルマ達成したから」って答えます。(笑)
そういう弱いところ見せられへんし、かというて相談する相手がないねんね。誰も教えてくれないんですよ。同業者に相談するわけにはいかへんしね。
女の人のほうが男の人より見栄はりでしょう?だから、それはまたそういうのを考え直して本を読んで勉強するわけですよ。

 

 

今日はこのへんで!

今日も読んでくれて、おおきに!

ありがとう!

↓ポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 関西ナイトライフ情報へ
にほんブログ村


その他サービス業ランキング

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事